薬を飲む人たち
錠剤と水のグラスを持っている人

アレルギー症状に遭遇したときは一刻も早く辛い状態から解放されたいと考えたいものです。従来からアレルギー症状の緩和に優れた効果を発揮してきたのがアレグラという治療薬になります。市販薬でも販売されていますが、より高い効果を狙うなら医療用の医薬品がおすすめです。本来は医師の処方箋が必要になりますが、海外の薬の輸入代行サイトを活用すれば簡単に入手できます。まとめ買いなどは割引されてることが多いので、お得な価格で購入できます。

医療用と市販薬の違いって?

病気の治療のために投与される薬には、市販薬と医療用医薬品の2種類があります。いずれも疾患そのものの治療や症状を漢和するために投与される点で強雨していますが、明らかな違いがあります。
市販薬は薬局やドラッグストアなどで購入することが可能で、薬剤師や登録販売者が常駐していれば誰でも購入することができます。これに対して医療用の薬は医師から病気の確定診断を受けて処方箋を交付してもらうことで初めて購入が可能になります。これらの薬の違いは料理とレシピの関係になぞらえると良く理解できます。処方箋を必要とする医療用医薬品は、料理の個々の材料を出すものと考えることになります。例えば頭痛と鼻炎症状を抱えている患者さんには、それぞれの症状ごとに、薬を出すのが原則です。抱えている症状が増えるほど処方される薬も複数に上ることになります。これに対して市販薬はいわばひとつの料理の完成品です。完成品の料理では大きなアレンジが聞かないので、万人受けするものでなければなりません。従って一般人の多くの嗜好に応えることのできる仕上がりがもとめられます。市販薬も同様で、多くの人が遭遇しがちな症状はカバーできるように色々な成分から公正されているのが特徴です。医師の関与や管理が期待できないので、配合されている成分も安全性が高くものを配合しており、効果は穏やかに調整されています。
従来はこのように薬の線引きは明確になされてきましたが、2009年6月の改正薬事法の施工により状況は変化しています。医薬品を三種類に分類し、これまでは医師の処方箋が必須だった種類のうち、効果が高く安全性も高い薬品の一部については、処方箋なしにドラッグストアや薬局で、薬剤師や登録販売者の配置を条件に販売が解禁されることになったからです。このように取り扱いが変更された薬をスイッチOTC薬と呼んでいます。つまり従前は病院やクリニックに通院する手間が必須だった薬剤であっても、市販薬同様にドラッグストアや薬局で購入できることになった訳です。
スイッチOTC薬のなかでも知名度が高いのが、『医薬品のアレグラ』になります。薬事法の改正には医療費に占める薬価の割合が高いので、逼迫する保険財政を改善させる政策の一環と評価できるでしょう。

医療用アレグラは通販で購入できる?

医療用アレグラとは、有効成分にフェキソフェナジン塩酸塩を配合するアレルギー症状治療薬になります。アレルギー症状に対して効果を発揮するメカニズムは、ヒスタミンなどの炎症症状の原因となるケミカルメディエイターの活性を抑制し、作用を阻害する点にあります。すなわちアレルギーを引き起こすアレルゲン物質が体内に侵入するとIgE抗体が形成されます。その後に同じアレルゲンが侵入してくると、IgE抗体が侵入を検知すると肥満細胞に、アレルゲンを吸収するように指令を出します。その結果、肥満細胞から炎症反応を引き起こすヒスタミンなどのケミカルメディケイターを放出し、アレルギー性鼻炎やじんましんなどの症状を生じさせることになるのです。
医療用アレグラに配合されてフェキソフェナジン塩酸塩には、ヒスタミンなどの作用を抑制するだけでなく、ヒスタミンなどのメディカルメディケイターの遊離や放出も抑制阻害する作用を有しています。従来の治療薬はヒスタミンなどの作用を抑制する作用だけしか持ち合わせていませんでした。この点医療用アレグラに配合されるフェキソフェナジン塩酸塩は、ヒスタミンなどの遊離や放出も抑制阻害する作用も具備しているので、より高いアレルギー症状緩和効果を期待できることになりました。
ところで医療用アレグラは、2009年の薬事法改正で登場したスイッチOTC薬に分類されます。従来は病院やクリニックなどの医療機関を受診して、医師から処方箋を出してもらわない限り購入することが出来ませんでした。しかるに改正薬事法の施行により、処方箋なしにドラッグストアや薬局で購入することが可能になっているのです。
ところで市販薬はインターネット通販の店舗やサイトを利用すれば、通常の通販で購入することが可能です。Amazonや楽天市場などのサイトや店舗から通常の通販で購入することができるわけです。
それではスイッチOTC薬の医療用アレグラは通常の通販で購入することが出来るのでしょうか。スイッチOTC薬の購入に際しては、医師の関与に代替するものとして薬剤師や登録販売者による説明を必須の条件としています。いくらドラッグストアや薬局で処方箋なしに販売することが解禁されたとはいっても、通常の通販での購入は事実上困難になっています。

通販サイトを利用するメリットとお得に買う方法

それでは医療用アレグラは直接、ドラッグストアや薬局に足を運ばないと購入することができないのでしょうか。平日日中などは多忙で時間をなかなか、見出せない人は週末まで待つか、家族などに購入に葉知ってもらう必要があるようにも思えます。しかしこれでは必要なタイミングで薬を購入することが出来なくなり、大きな不都合をもたらすのは明らかです。
そこで検討するべきなのは、『海外から個人輸入』して普通の通販を利用する感覚で医薬品を購入する方法です。海外では承認されているのに、日本国内では販売されていない薬はごまんとあります。日本で承認されていない以上、ドラッグストアや薬局でも販売されていません。医療機関を受診しても事情は同様です。しかし個人輸入を利用すれば話は別です。個人輸入であれば、日本国内で販売流通が承認されていない薬であっても、購入することが可能になっています。なぜなら自己責任で個人輸入することまでは、法律の規制の枠外の話だからです。ただし個人輸入を自らの手で実践するのは非常に煩雑な手続きを必要とします。
通販感覚で簡単に個人輸入を希望するなら、個人輸入代行専門サイトを利用するのがおすすめです。代表的なサービスには、あんしん通販マートや医薬品アットデパートなどを指摘することができます。治療薬の個人輸入代行サイトを利用することのメリットは、日本国内では承認されていない薬も選択できる点だけではありません。海外ではすでにジェネリック医薬品が販売されているのに、日本では承認されていないことは真間あることです。この点治療薬の個人輸入代行サイトを利用すれば、薬価の安いジェネリックを購入することが可能で大きなメリットになっています。
また『まとめ買いでお得』なサービスを提供していることが良くあります。具体的には一定数の分量の治療薬を購入すると、割引サービスが適用されることで安い値段でお得に購入すること可能です。徳に医療用アレグラのように、季節的にまとまった数の治療薬を確保しておきたいときには、まとめ買いをするに際して割引サービスを提供してくれると、これほど心強い味方はありません。
普段から服用することの多いアレグラのような治療薬は、あんしん通販マートや医薬品アットデパートなどの個人輸入代行サイトを利用するのがおすすめです。

記事一覧
最近の投稿
No image
2019年8月17日

毎年春先の季節に花粉症の諸症状に悩んでいる方は、アレグラを服用することでうまく乗り切ることができます...

No image
2019年7月29日

アレグラは有効成分にフェキソフェナジン塩酸塩を配合していますが、作用機序の違いから第二世代のアレルギ...

カプセルを持っている男性
2019年7月11日

久光製薬株式会社から販売されているアレグラFXは、ユニークなテレビCMを毎年のように放映することで知...

薬を持っている男性
2019年6月24日

現在日本では各種の原因がアレルギーを引き起こし、多くの人々を苦しめています。 先進国に共通する減少と...

薬を口に入れる男性
2019年6月9日

食材や住環境・衛生状態などアレルギーの原因となるアレルゲンには実に様々なものが想定されます。 アレル...

薬を飲む男性
2019年5月29日

アレグラは久光製薬株式会社が製造販売してる、アレルギー治療薬になります。花粉やハウスダストによるアレ...

サイト内検索