アレグラは効かない?ほとんどの人は使い方を間違えているだけです

アレグラは有効成分にフェキソフェナジン塩酸塩を配合していますが、作用機序の違いから第二世代のアレルギー治療薬(抗ヒスタミン薬)とされています。
ヒスタミンとは肥満細胞から放出される科学物質の一種で鼻粘膜や皮膚などに炎症を引き起こす原因物質です。
ありていに言えばアレルギー症状の直接の原因となっているのは、体内で増加するヒスタミンということができます。

第一世代の抗ヒスタミン薬がすでに体内で放出されてしまったヒスタミンによる症状を緩和する効果を有していました。
これに引き換え、アレグラに代表される第二世代の抗ヒスタミン薬は、ヒスタミンによって既に発生している症状を緩和するだけでなく、ヒスタミンを初めとしたケミカルメディエーターが体内に放出されるメカニズムを阻害し、原因物質ぞのものが体内で増加するのも抑制する作用も有しているのです。
アレグラの有効成分フェキソフェナジン塩酸塩は、徳に花粉やハウスダストによるアレルギー性鼻炎やじんましんといったアレルギー性皮膚炎の緩和に優れた効果を発揮します。

ところがなかにはアレグラを布教しても効果を実感できない場合があるとされています。
効果が見られない場合の原因の多くは服用の仕方に問題があります。
1日2回服用することで、24時間効果が持続します。
従って効果的に服用するには、季節的に花粉症の季節では毎日症状の予防の意味も込めて、規則的に服用することが重要です。
飲み忘れはくれぐれも注意するべきですが、飲み忘れたからといって2回分を服用するのは副作用のリスクが高くなるので絶対にやめるべきです。
飲み忘れに気づいたのが、少しの時間であれば急いで一回分を服用して大丈夫です。
花粉症の季節程度の期間で在れば特に、リスクを想定することはないでしょう。
しかし長期的に見れば副作用のリスクが存在することは常に念頭に置く必要があります。

アレグラ自体は安全性が高いとされていますが、基礎疾患を有しえていることで複数の薬を服用する場合は少しリスクが上がるといえます。
適切に使用すれば効果的にアレルギー症状を緩和しますが、複数の薬を服用するような場合は、飲み合わせに注意するべきです。
例えば胃炎の治療に使用される酸化マグネシウムは併用に注意が必要とされています。
アレルギー症状は基本的に長期的治療が必要になります。
適切な治療のためには、複数の薬を服用することになるときは、薬剤師などに相談することが重要です。

最近の投稿
No image
2019年10月21日

アレルギー治療薬ではスイッチOTC薬のアレグラが有名ですが、それ以外にも複数の治療薬が販売されていま...

No image
2019年9月14日

最近保健医療財政が逼迫する中で、厚生労働省では医療現場におけるジェネリック医薬品の使用比率を高めるこ...

No image
2019年8月17日

毎年春先の季節に花粉症の諸症状に悩んでいる方は、アレグラを服用することでうまく乗り切ることができます...

No image

アレグラは効かない?ほとんどの人は使い方を間違えているだけです

2019年7月29日

アレグラは有効成分にフェキソフェナジン塩酸塩を配合していますが、作用機序の違いから第二世代のアレルギ...

カプセルを持っている男性
2019年7月11日

久光製薬株式会社から販売されているアレグラFXは、ユニークなテレビCMを毎年のように放映することで知...

薬を持っている男性
2019年6月24日

現在日本では各種の原因がアレルギーを引き起こし、多くの人々を苦しめています。 先進国に共通する減少と...

薬を口に入れる男性
2019年6月9日

食材や住環境・衛生状態などアレルギーの原因となるアレルゲンには実に様々なものが想定されます。 アレル...

薬を飲む男性
2019年5月29日

アレグラは久光製薬株式会社が製造販売してる、アレルギー治療薬になります。花粉やハウスダストによるアレ...

サイト内検索