アレグラ以外のアレルギー治療薬にはどんなものがある?

アレルギー治療薬ではスイッチOTC薬のアレグラが有名ですが、それ以外にも複数の治療薬が販売されています。代表的なアレルギー治療薬を幾つか御紹介します。症状別に治療薬の仕様には違いがあるので、症状別に効果的に改善するにはどの種類を選ぶべきなのか、基礎的知識を抑えておくのがポイントです。
ビラスチンはいわゆる第二世代の治療薬に分類されており、ヒスタミンなどの作用を抑制しん肥満細胞からの分泌も阻害する作用を持っています。ビラスチンはアレルギー性鼻炎やじんましんなどが適応所往生です。ビラスチンは1日1回の服用で効果を発揮しますが、空腹時に服用するのが必須です。
アレロックはアレルギー性鼻炎の鼻づまりなどの症状に高い効果を発揮します。アレロックはやや眠気を伴う場合がありますが、アレルギー反応を強力に抑制する効果を期待できます。
クラリチンもいわゆる第二世代のアレルギー治療薬です。クラリチンは有効成分にロラタジンを配合しています。ロラタジンは肥満細胞に作用してヒスタミンやロイトコリンなどの遊離を抑制する作用と、ヒスタミン受容体への拮抗作用の二方向でアレルギー症状の漢和に効果を発揮します。アレルギー性鼻炎やじんましん・湿疹などの皮膚疾患がクラリチンの適用症状になります。服用方法ですが、クラリチンは1日1回食後に服用します。
ザイザルはヒスタミン受容体に作用するアレルギー治療薬です。ザイザルは有効成分にレボセチリジンを配合しており、鼻水・くしゃみ・目のかゆみなどの花粉症などのアレルギー症状を漢和する効果を有しています。ザイザルはアレルギー性鼻炎だけでなくじんましんや湿疹なども適応症状です。効果は24時間程度持続するので、1日1回の服用ですむのもメリットと言えます。
ジルテックはアレルギー反応によるアレルギー性鼻炎や、じんましん喘息による咳の漢和などに効果をもたらします。ジルテックは有効成分にセチリジンを含んでおりヒスタミン受容体に拮抗作用をもつことでアレルギー症状を漢和します。
アレサガテープは少し趣の変わった、身体にはるタイプのアレルギー治療薬です。アレサガテープは上腕部・胸部・腹部のいずれかにはって24時間ごとに取り替えるのが特徴といえます。
症状別に特化しているのがパタノールになります。パタノールは有効成分にオロパタジン塩酸塩を配合した点眼薬で、アレルギー性結膜炎の治療に使用されています。

最近の投稿
No image
2019年11月27日

開発途上国では狂犬病や腺ペスト・マラリアに各種の性感染症など、公衆衛生環境の整備が常に解決するべき課...

No image

アレグラ以外のアレルギー治療薬にはどんなものがある?

2019年10月21日

アレルギー治療薬ではスイッチOTC薬のアレグラが有名ですが、それ以外にも複数の治療薬が販売されていま...

No image
2019年9月14日

最近保健医療財政が逼迫する中で、厚生労働省では医療現場におけるジェネリック医薬品の使用比率を高めるこ...

No image
2019年8月17日

毎年春先の季節に花粉症の諸症状に悩んでいる方は、アレグラを服用することでうまく乗り切ることができます...

No image
2019年7月29日

アレグラは有効成分にフェキソフェナジン塩酸塩を配合していますが、作用機序の違いから第二世代のアレルギ...

カプセルを持っている男性
2019年7月11日

久光製薬株式会社から販売されているアレグラFXは、ユニークなテレビCMを毎年のように放映することで知...

薬を持っている男性
2019年6月24日

現在日本では各種の原因がアレルギーを引き起こし、多くの人々を苦しめています。 先進国に共通する減少と...

薬を口に入れる男性
2019年6月9日

食材や住環境・衛生状態などアレルギーの原因となるアレルゲンには実に様々なものが想定されます。 アレル...

薬を飲む男性
2019年5月29日

アレグラは久光製薬株式会社が製造販売してる、アレルギー治療薬になります。花粉やハウスダストによるアレ...

サイト内検索