アレルギーの原因となる「アレルゲン」にはどんなものがあるの?

薬を持っている男性

現在日本では各種の原因がアレルギーを引き起こし、多くの人々を苦しめています。
先進国に共通する減少とされていますが、公衆衛生の整備が進み衛生観念が広く共有された結果、深刻な感染症などはほとんどナリを潜めています。
しかしアレルギー症状についてはむしろ逆に増加する傾向にあります。そこでアレルギーの基本的な仕組みを確認し、アレルギーの原因となるアレルゲンの代表的な種類を取り上げて紹介してまいりましょう。

花粉や犬や猫の毛などのアレルゲンが体内に入ると、免疫細胞が異物と認識しIgE抗体が形成されます。
IgE抗体は肥満細胞と結合し、次回以降の花粉や犬や猫の毛などの原因物資の侵入に備えます。
再びアレルゲン物質が体内に侵入すると抗体と結合することになり、その際にヒスタミンなどのケミカル・メディエーターが放出されます。
このケミカル・メディエーターが原因で花粉症やじんましんなどの症状を引き起こすわけです。
ところでアレルギー症状の原因となるアレルゲン(抗原)は身近な環境に多数存在しています。
どの種類を異物と認識して抗体が形成されるのかは個人差があり、どの物質に過敏になるのかは予測するのが難しいのが現状です。
まず想起されるのは杉やヒノキなどの花粉です。毎年春になると花粉が飛び交い鼻炎や結膜炎に悩まされることとが多いわけですが、代表的な抗原のひとつです。
屋内の住居環境で重要なのは、ダニやハウスダスト・ペットの犬や猫の毛などを挙げることができます。
ダニの糞やハウスダストなどは気道を通じて肺に入るので喘息の原因になっていることがあります。
屋内飼いのペットが増えたことで犬や猫の毛もアレルゲンの主要なものになっているわけです。

食物も品目によっては、アレルゲンになる種類があります。
例えばパンの原料になる小麦粉などは、色々な品目の食物に使用されているので、仮にアレルギー体質の方は日常的に食物の摂取に注意を祓う必要があります。
さされるとショック死することもあるスズメ蜂の毒もアレルギー反応のひとつです。
一度スズメ蜂に刺されると、抗体が形成されて二回目以降、さされたときにショック症状を引き起こすリスクがあります。
薬物の中では抗生物質がアレルゲンになっていることもあり、なかでもペニシリンが原因となるアレルギー症状は生命にかかわる場合があるほどです。
ゴムなどのラテックス素材も抗原になっていることが在ります。
ラテックス素材のものを身につけると赤くはれるなどの症状が出る方は注意が必要です。

最近の投稿
No image
2019年8月17日

毎年春先の季節に花粉症の諸症状に悩んでいる方は、アレグラを服用することでうまく乗り切ることができます...

No image
2019年7月29日

アレグラは有効成分にフェキソフェナジン塩酸塩を配合していますが、作用機序の違いから第二世代のアレルギ...

カプセルを持っている男性
2019年7月11日

久光製薬株式会社から販売されているアレグラFXは、ユニークなテレビCMを毎年のように放映することで知...

薬を持っている男性

アレルギーの原因となる「アレルゲン」にはどんなものがあるの?

2019年6月24日

現在日本では各種の原因がアレルギーを引き起こし、多くの人々を苦しめています。 先進国に共通する減少と...

薬を口に入れる男性
2019年6月9日

食材や住環境・衛生状態などアレルギーの原因となるアレルゲンには実に様々なものが想定されます。 アレル...

薬を飲む男性
2019年5月29日

アレグラは久光製薬株式会社が製造販売してる、アレルギー治療薬になります。花粉やハウスダストによるアレ...

サイト内検索