アレルギーの病気や症状について学ぼう!

薬を口に入れる男性

食材や住環境・衛生状態などアレルギーの原因となるアレルゲンには実に様々なものが想定されます。
アレルギーの影響は全身に及ぶので引き起こす可能性のある病気も実にバラエティに富んでいます。
食物アレルギーに薬物アレルギーなど、色々な要因が原因となる代表的な病気の症状や特徴を御紹介します。

意外な病気もアレルギーが原因だったりすることもあるほどです。
自分や周囲の人々の身に降りかかったときに適切な対処を取れるように、基礎的なところを抑えてきましょう。
毎年のように花粉が飛び交う季節に悩まされる方が多い、花粉症はアレルギー疾患の代表的なものです。
患者数が圧倒的に多く、なかには症状が酷く不眠になる方も。花粉症の主な症状は、鼻水やくしゃみ・鼻閉感などのアレルギー性鼻炎ですが、しばしばアレルギー性結膜炎を合併します。
アレルギー性結膜炎は花粉などのアレルゲンが目の結膜に付着することで炎症が起きるというものです。
目のかゆみや充血などが主な症状です。アレルギー性鼻炎などの花粉症の原因は、杉やヒノキなどが主なものですが、なかには稲や雑草の花粉が原因になっていることもあります。

食物アレルギーの側面が大きいのが、アトピー性皮膚炎です。
アトピー性皮膚炎とは食物やダニの糞などのアレルゲンに免疫機能が過剰に反応し、激しい痒みを伴う発疹が全身に発症するというものです。現在では成人以降でもアトピー性皮膚炎に悩む患者さんも増えています。

薬物アレルギーのなかでは、アナフィラキシーショックが重要です。
有名なのはペニシリンなどの抗生物質に対して発症するアナフィラキシーショックになります。
ペニシリンなどの抗生物質の投与後に脈拍があがったり、喉のおくがはれて呼吸困難やショック症状に陥り、しばしば意識障害を伴います。
適切に治療しないかぎり死亡するリスクも高い危険なアレルギー症状です。
花粉症とならんで気道や呼吸器に関連するアレルギー性疾患で患者数が多いのは、気管支喘息になります。
気管支喘息とは肺の入り口付近の気管支に慢性的な症状が起きる病気です。
炎症を繰り返すことで気管支内腔がせまくなると、さらにハウスダストなどのアレルゲンに過分に反応することになります。
その結果激しいせきや痰・特徴的な喘鳴(ぜいめい)や呼吸困難を伴います。
気管支喘息は子供に多く見られますが、成人以降の患者さんも多く適切な治療が必須のアレルギー疾患のひとつです。

最近の投稿
No image
2019年8月17日

毎年春先の季節に花粉症の諸症状に悩んでいる方は、アレグラを服用することでうまく乗り切ることができます...

No image
2019年7月29日

アレグラは有効成分にフェキソフェナジン塩酸塩を配合していますが、作用機序の違いから第二世代のアレルギ...

カプセルを持っている男性
2019年7月11日

久光製薬株式会社から販売されているアレグラFXは、ユニークなテレビCMを毎年のように放映することで知...

薬を持っている男性
2019年6月24日

現在日本では各種の原因がアレルギーを引き起こし、多くの人々を苦しめています。 先進国に共通する減少と...

薬を口に入れる男性

アレルギーの病気や症状について学ぼう!

2019年6月9日

食材や住環境・衛生状態などアレルギーの原因となるアレルゲンには実に様々なものが想定されます。 アレル...

薬を飲む男性
2019年5月29日

アレグラは久光製薬株式会社が製造販売してる、アレルギー治療薬になります。花粉やハウスダストによるアレ...

サイト内検索