アレルギー治療薬のアレグラの効果や副作用って?

薬を飲む男性

アレグラは久光製薬株式会社が製造販売してる、アレルギー治療薬になります。花粉やハウスダストによるアレルギー性鼻炎を呈する花粉症などの耳鼻咽喉領域の疾患のみならず、じんましんなどの皮膚炎の症状の緩和に効果を発揮します。
アレルギー性疾患が発病するには、花粉やハウスダスト・カビの胞子やダニの糞などのアレルギーを引き起こす抗原が体内に侵入することから始まります。
抗原は体内で肥満細胞と呼ばれる細胞に取り込まれます。抗原を取り込んだ肥満細胞からは、ヒスタミンという化学物質を放出することになるのです。
このヒスタミンが体中の粘膜や皮膚で炎症を引き起こします。その結果、花粉症などのアレルギー性鼻炎・じんましんなどの皮膚炎の原因になります。

ところでアレグラには、有効成分にフェキソエナジン塩酸塩を配合しています。
フェキソエナジン塩酸塩には、ヒスタミン受容体と抗原との結合を阻害することでヒスタミンの放出を抑制したり、体内で放出されたヒスタミンの影響を遮断する効果に優れています。
そのため花粉症が典型的なアレルギー性鼻炎だけでなく、じんましん症状といったアレルギー性皮膚炎の症状の緩和にも効果を発揮するわけです。

アレグラは従来のアレルギー治療薬が抱えていた問題点を改善しているのが特徴です。
これまでの抗ヒスタミン剤の多くは眠気に襲われたり、眠気に至らなくても自覚症状がなく集中力が低下する(インペアード・パフォーマンス症状)などが経験されていました。そのため服用後は自転車の運転を控えたり、仕事のパフォーマンスが低下するといった現象に悩むアレルギー性疾患患者は少なくありませんでした。
アレグラは眠気を感じたり、自覚のない集中力低下などが起きないように、内容成分を改善しているのです。おかげでじんましんやアレルギー性鼻炎などの症状を確実に緩和しながらも、日中の自動車の運転や仕事のパフォーマンスへの影響が極力小さくなっているのが、従来のアレルギー治療薬に比較したときの大きなメリットと言えます。

つまりアレグラは安全性の高いアレルギー治療薬と評価できますが、薬である以上副作用のリスクは存在しています。アレグラ服用後に比較的よく見られる副作用は頭痛です。頭痛といっても服用を中止することで解消されるのでさほど問題になることはないでしょう。ただし酷い頭痛やこれまでに感じたことのない痛みなどを自覚したときは服用を中止し医療機関を受診して下さい。

最近の投稿
No image
2019年9月14日

最近保健医療財政が逼迫する中で、厚生労働省では医療現場におけるジェネリック医薬品の使用比率を高めるこ...

No image
2019年8月17日

毎年春先の季節に花粉症の諸症状に悩んでいる方は、アレグラを服用することでうまく乗り切ることができます...

No image
2019年7月29日

アレグラは有効成分にフェキソフェナジン塩酸塩を配合していますが、作用機序の違いから第二世代のアレルギ...

カプセルを持っている男性
2019年7月11日

久光製薬株式会社から販売されているアレグラFXは、ユニークなテレビCMを毎年のように放映することで知...

薬を持っている男性
2019年6月24日

現在日本では各種の原因がアレルギーを引き起こし、多くの人々を苦しめています。 先進国に共通する減少と...

薬を口に入れる男性
2019年6月9日

食材や住環境・衛生状態などアレルギーの原因となるアレルゲンには実に様々なものが想定されます。 アレル...

薬を飲む男性

アレルギー治療薬のアレグラの効果や副作用って?

2019年5月29日

アレグラは久光製薬株式会社が製造販売してる、アレルギー治療薬になります。花粉やハウスダストによるアレ...

サイト内検索