花粉症はアレグラで予防&改善できるらしい

毎年春先の季節に花粉症の諸症状に悩んでいる方は、アレグラを服用することでうまく乗り切ることができます。
そもそもアレグラはどのようなメカニズムで花粉症の諸症状の緩和に効果を発揮するのでしょうか。
アレグラには有効成分フェキソフェナジンを配合しています。
有効成分フェキソフェナジンは、アレルギー症状に関係するヒスタミンの影響を二方向からアプローチして抑制する作用を持っています。

そもそもヒスタミンは体内にある肥満細胞に、アレルギーの原因となる抗原(アレルゲン)が結びつくことで、ヒスタミンと言う化学物質が放出されることになります。
ヒスタミンはアレルゲンを排除するための免疫反応の一環として粘膜や皮膚で炎症を引き起こします。
アレグラに含まれる有効成分フェキソフェナジンには、既に放出されたヒスタミンの作用を抑えるだけでなく、肥満細胞が抗原と結びつくことでヒスタミンの放出も阻害する作用を持っているのです。
従来のアレルギー治療薬はヒスタミンの作用を抑制するだけで、第一世代の治療薬と位置づけられています。
これに対して有効成分フェキソフェナジンはさらに、肥満細胞とアレルゲンとの結合も阻害する作用がプラスしているので、より効率的に花粉症などのアレルギー症状を効果的にコントロールすることが可能になっています。
ただし効果的に花粉症を予防・改善するには、計画的にアプローチすることが重要です。
鼻水や鼻詰まりなどの症状が出てから服用を開始するのは、賢明な姿勢とはいえません。
花粉が飛散を開始してからでは、花粉症が誘発されるので、花粉症の有病率が上昇してしまいます。
アレグラの服用は、症状が出現してからでは襲いというべきで花粉の飛散前から対策を実践する必要があります。
花粉の飛散前っからアレグラの服用を開始することで、花粉症の有病率を低下させて辛い時期も乗り切ることが可能になります。
もちろんアレルギーの体質自体を変化させることはできないわけですが、花粉の飛散前から、アレグラの服用をはじめることで、たとえ花粉が体内に取り込まれても、速やかにヒスタミンに作用し花粉症発症の誘発リスクを抑制することが叶います。

花粉が飛散を始めると、花粉症のリスクは上昇し、服用のタイミングが遅れがちです。
花粉の飛散前からアレグラの服用を開始することで、たとえ花粉に遭遇しても辛い症状を軽減することにつながります。予防薬としてのアレグラにも注目するべきです。

最近の投稿
No image
2019年9月14日

最近保健医療財政が逼迫する中で、厚生労働省では医療現場におけるジェネリック医薬品の使用比率を高めるこ...

No image

花粉症はアレグラで予防&改善できるらしい

2019年8月17日

毎年春先の季節に花粉症の諸症状に悩んでいる方は、アレグラを服用することでうまく乗り切ることができます...

No image
2019年7月29日

アレグラは有効成分にフェキソフェナジン塩酸塩を配合していますが、作用機序の違いから第二世代のアレルギ...

カプセルを持っている男性
2019年7月11日

久光製薬株式会社から販売されているアレグラFXは、ユニークなテレビCMを毎年のように放映することで知...

薬を持っている男性
2019年6月24日

現在日本では各種の原因がアレルギーを引き起こし、多くの人々を苦しめています。 先進国に共通する減少と...

薬を口に入れる男性
2019年6月9日

食材や住環境・衛生状態などアレルギーの原因となるアレルゲンには実に様々なものが想定されます。 アレル...

薬を飲む男性
2019年5月29日

アレグラは久光製薬株式会社が製造販売してる、アレルギー治療薬になります。花粉やハウスダストによるアレ...

サイト内検索