薬のジェネリックってなに?安い理由についても紹介

最近保健医療財政が逼迫する中で、厚生労働省では医療現場におけるジェネリック医薬品の使用比率を高めることで、医療費の圧縮を推進しています。
報道される機会が多く、最近話題に上ることも多いジェネリック医薬品、耳にすることも多いけれどいまいち良く分かっていない方も少なくないでしょう。
病院やクリニックで診療を受けると、医師から提案されることも多いはずです。そこで改めてジェネリック医薬品の意義や特徴について確認しておきましょう。
そもそも新規に疾病治療のために新薬を開発するには、巨額の研究開発費用と膨大な時間が必要です。
新薬の有効成分になりうる素材は自然界にごまんと存在していますが、膨大な候補の中から対象の疾病に有効性を発揮できる原料にたどり着くのは容易なことではありません
。仮に有力な有効成分が発見されたとしても、治療薬として臨床現場で利用可能な薬品に仕上げるには、形状を変えたり安全な投与量・有害事象の有無等を得るために、何回もの臨床試験を経て、長い開発期間の後最終的に保健当局の承認を得る必要があります。

このような事情があるので、新薬(先発薬)は高額な薬価が設定されるのが一般的です。
研究開発費用を回収し、利益をあげるために独占的に販売できる特許期間も設定されています。
独占的に販売できる特許期間が設けられているからこそ、製薬会社もリスクを冒して新薬開発に取り組むことができる訳です。

しかし特許期間の期限が切れると、特許に基づき公開された有効成分の製造法を踏襲することが可能になります。
これがジェネリック医薬品(後発薬)になります。ジェネリック医薬品は同じ有効成分を含んでいるので効果は変わらないという特徴があります。
0から研究開発する必要がないので、開発期間も短期間ですむので、研究開発費などのコスト削減が叶うので薬価も安価に設定されています。

ジェネリック医薬品は有効成分が先発薬と変わらないので効果は変わらないばかりか、短期間の研究期間を経て生産製造に入ることができるので、コスト削減の恩恵を受けて安価な薬価が実現されているわけです。
特許期限が切れるほど販売後期間が経過していると、薬の形状もバリエーションも多く、疾患の部位に応じた薬剤の形状のラインナップの中から最適のものを選択することができます。
つまりジェネリック医薬品は先発薬の実績があるおかげで、安心して治療に利用することができる訳です。

最近の投稿
No image

薬のジェネリックってなに?安い理由についても紹介

2019年9月14日

最近保健医療財政が逼迫する中で、厚生労働省では医療現場におけるジェネリック医薬品の使用比率を高めるこ...

No image
2019年8月17日

毎年春先の季節に花粉症の諸症状に悩んでいる方は、アレグラを服用することでうまく乗り切ることができます...

No image
2019年7月29日

アレグラは有効成分にフェキソフェナジン塩酸塩を配合していますが、作用機序の違いから第二世代のアレルギ...

カプセルを持っている男性
2019年7月11日

久光製薬株式会社から販売されているアレグラFXは、ユニークなテレビCMを毎年のように放映することで知...

薬を持っている男性
2019年6月24日

現在日本では各種の原因がアレルギーを引き起こし、多くの人々を苦しめています。 先進国に共通する減少と...

薬を口に入れる男性
2019年6月9日

食材や住環境・衛生状態などアレルギーの原因となるアレルゲンには実に様々なものが想定されます。 アレル...

薬を飲む男性
2019年5月29日

アレグラは久光製薬株式会社が製造販売してる、アレルギー治療薬になります。花粉やハウスダストによるアレ...

サイト内検索